お金が貯まる話

投資はギャンブルではない。積立投資はコツコツ派の人向き。

投資と投機の違い-コツコツとそれいけ!の違い

私は当初、投資というとなんとなくギャンブル的なイメージを漠然と持っていました。もしくは頭が良い人がモニターをずらりと並べてフムフムみたいな。(・・・語彙力)

だから、本屋とかで「投資の時代!やらなきゃ損!(仮)」みたいな本を見てもあまりピンとこず、、、でも、銀行に預けててもお金の価値が下がる一方でなんか損するのも嫌だな~と思いつつ(詳細→『貯金だけだと気づかないうちにお金が減る!?』

そんなモヤモヤした感じでFPさんに相談をしたら、「投資を投機と同じイメージで多く持っている人が多いんす」と一言。

そのFPさんによると、

「投資」は10年~20年といった長期スパンで初めて成果が出てくるもの。だからこそ、コツコツ貯金が好きな日本人には合っているお金の動かし方。(※投資にも色々なものがあります。ここでいう投資は一般の人がやるべき投資のイメージです。)

「投機」は短期スパンで成果が出てくるものです。株価の値動きを見定めて買い時か売り時かをポイントで判断して思い切りよくやっていかないと成功しません。よく聞くビットコインやFXなんかも投機の部類に入ります。

と説明していただき、今までギャンブルだと思っていたのは投機で投資ってそれほど怖くないって思い始めました。

投資は100%安全なものなのか?

100%安全ではありません。

多分ここでいう安全って「自分のお金は減らないのか?」ということだと思いますが、絶対に減ることなく増えるんだったら皆やっています。

0.1%でもリスクがあれば毎日、お金の行方が気になって仕方がないという人は銀行にすべて預けておくのがベストです。(銀行がつぶれるリスクも最近はありますが・・・)

ただ投資は投機とは違いギャンブル運や高度な金融知識などは必要なく、長い目でお金を管理しリスクを減らしながら、お金に働いてもらう方法です。

もちろん投資にもいろいろと種類がありますが、私はFPさんと相談して積立投資を始めました。

メインのお金はしっかりと貯金しながら、サブのほうで積立投資をやっています。引き落としの予定も18年後です。その間は一切この積立のお金には手を付けません。たまに存在すら忘れています。笑

自分の親の世代まではこういった投資はやらずに銀行預金一択という時代だったので親からも危なそう・・・大丈夫?と心配されましたが、そういった「何となくリスク」ばかりを気にしていると何もできません。

まずは自分と同じようにFPさんにしっかりと自分の悩みを打ち明けて相談にのってもらうのがいいかもしれませんね(/・ω・)/