Our New Standard

混浴の裸に興奮しなかった幕末の日本人と性欲が低下する今の日本人

本は世界的に見ても特殊な性文化が発展している国です。

大人の動画やおもちゃしかり、性のサービス店など他国に類を見ない独特な趣味嗜好が発展しています。

この根源にはかつて『裸体=日常』としていた、異性の裸体なんかじゃ興奮しないぜ!という少し変化球的な性に対する日本人のDNAが影響しているのではと思います。


上の絵は1854年に描かれた「下田の公衆浴場」という絵です。男性も女性も生まれたばかりの姿で当たり前のように一緒のお風呂に入っています。当時の日本では当たり前の光景でした。

中野明さんの『裸はいつから恥ずかしくなったのか』にある、『裸』に対する日本人の認識の移り変わりを参考に、昔から今の時代の日本の性事情について考察していきます。

目次
  1. 日常的に裸を受け入れていた幕末の日本人
  2. 裸が恥ずかしくなり始める日本人
  3. 裸が日常的になりつつある現代

①日常的に裸を受け入れていた幕末の日本人

現代の私たちからすると「裸=恥ずかしい」、この感覚は至極当たり前のことですが、幕末の日本人からすると「裸=顔の一部」くらいの感覚だったため、男女区別なく銭湯に入り、街中でも暑ければ男女問わず半裸のような状態で出歩くことは当たり前の状態だったらしいです。

では、なぜ現代の私たちは「裸=恥ずかしい」という感情を抱くのか?

それは、裸=S〇Xを連想してしまうからだと中野明さんの本にありました。

S〇Xは生き物が無防備になる瞬間なので、「隠したい」という感情に繋がりそれが「裸=恥ずかしい」に繋がっているのでしょうか?

とにかく、当時の日本人は「裸=S〇X」という思考回路を持っておらず性行為と結びつくものは性行為のみでした。

だから、当時の人々に裸の写真集を見せても何も興奮しなかったかもしれませんね(笑)

でも幕末の時代も春画ってあったよね?

春画とは絵師たちが描いた絵のことで今でいう破廉恥な本みたいなところでしょうか。

春画の多くは、女性の裸体単体ではなくほとんどがS〇Xの真っ最中の画です。しかも特徴として、男女の生殖器が以上に大きく描かれています。これも、裸では興奮しないからS〇Xを意識させる性器をデフォルメして描いていると考えられます。

(詳細は自分でご確認ください)(*´ω`)

時にタコに襲わせたりと、、、、

「裸じゃ日常過ぎて物足らないわ!ベラボウメ!」といった感じで当時の春画は肌着を敢えて着させて見えそうで見えない状態だったり、異形のものに襲わせたりと、どうにかして非日常感を演出することでエロチシズムを生み出していました。

②裸が恥ずかしくなり始める日本人

裸=日常だった幕末の人々。

ですが、海外から視察に来る欧米人からしたら

こんな表情をしたでしょう(笑)

幕末の時代の欧米人は現代の私たちと同じように「裸=恥ずかしい」という感覚を持っていました。キリスト教で他人の前で裸になることを恥ずべきこととしていたからです。

そんな中、街を歩けばほぼ半裸の男女、公衆浴場に行けば皆がアダムとイブ状態。

当時の日本の観光名所として外国人からは「富士山・芸者・公衆浴場」といった感じで浴場施設は日本にいったら見るべきスポットとして認識されて、欧米人からジロジロと嘗め回すような破廉恥な視線を送られるように段々となっていきます。

そうすれば自然と日本人たちも「あれ、なんか裸恥ずかしいんだけど・・・」という感情になってきて「裸=恥ずかしい」という感情が芽生えてきました。

また、政府側も海外の視察団から「ニホンマジデヤバンデスカ?」と言われ、公衆浴場を男女別にしたりするなどして、統制を図るように動き出しました。

ここにきて、「裸=恥ずかしい」という感情が芽生えだしました。

それ以降は「裸」であるだけで非日常という感覚も日本人にも芽生え、春画といった裸では満足しない方々のための変化球は必要なく、「裸=S〇X」という認識が昭和まで続き写真集が一世を風靡していったのではないでしょうか?

③裸が日常的になりつつある現代

①「裸=日常」⇒②「裸=非日常」ときて、今このスマホ・PCがあれば何でも見れる現代において「裸=日常」になりつつあるのではないかと思います。

スマホを中学生から当たり前のように使っている世代のほとんどはネットを通して日常的に「裸」に触れていると思います。

(ドキドキしながら土手に捨てられた写真集を見る光景は絶滅危惧種に指定されるかもしれません)

時代は繰り返されるといいますが、今まさに「裸」においても過去の認識が復活しようとしているのではないでしょうか?

昨今問題になっている新婚夫婦のS〇Xレス問題、はたまた男性のS〇Xへの意識低下は「裸=日常」が起因していると思われます。

そうすると再び、前述の春画のように日本人は「裸」を非日常的なものにしようとタコを這わせたり、いろんなことを考え作っていくかもしれません。大人のビデオのジャンルがここまである国は日本くらいだと留学生の人が笑っていました。( ゚Д゚)汗

あと何十年後には当たり前のように知らない男女が一緒の湯舟に入っている日が来るかもしれません。

あなたは裸に興奮しますか?